絵画買取のギャラリーホープ

千住 博

せんじゅ ひろし



1958年

東京都に生まれる

1982年

東京芸術大学 美術学部 絵画科 日本画専攻を卒業

1984年

東京芸術大学 大学院修士課程を修了。初の個展を開催

1986年

ニューヨークに渡り、約3ヶ月間滞在

1987年

東京芸術大学 大学院博士課程を修了。稗田一穂に師事

1988年

イタリア最古の大手画廊フォルニにて個展を開催

1990年

東美青年会特別展〈近代日本画の歩み〉(神奈川県立近代美術館)に出品
〈現代日本屏風展〉(デュッセルドルフ)に出品
画集「千住博画集」(求龍堂グラフィックス)を刊行

1992年

東美特別展にて個展開催。(東京美術倶楽部)

1993年

マックスウェル・デビットソン・ギャラリー(ニューヨーク)にて個展を開催
ホノルルのアトリエで5年間描きためた大作群『フラット・ウォーター・シリーズ』を発表
画集「フラット・ウォーター」(求龍堂)を刊行
ニューヨーク・ギャラリー・ガイドの表紙に選出される

1994年

第7回MOA美術館岡田茂吉賞絵画部門優秀賞受賞
山中湖高村美術館にて〈千住博1980―1994展〉を開催

1995年

第46回ヴェネツィア・ビエンナーレ絵画部門優秀賞を受賞(東洋人初の受賞)
山種美術館が初期から現在までの約30作を買上げ、本格収集始まる
台北市立美術館にて〈千住博展〉を開催
『千住博画集』(ビジョン出版)を刊行

1996年

彫刻の森美術館にて〈千住博Waterfalls&Glasses展〉を開催
ロンドン現代美術館にて〈ビューティプロジェクト展〉開催。外務省買上げ
〈JAPAN TOUR 1996 千住博展〉を全国主要17都市で巡回

1997年

文化庁買上げ
バーゼルアートフェスタに出品

2002年

第13回 岡田茂吉賞大賞を受賞

2004年

東京国際空港 第2旅客ターミナルの装飾美術を担当

2007年

京都造形芸術大学の学長に就任(〜2013年3月)

 日本画の伝統的な技法を基盤に、中国絵画の画格、アメリカ美術のスケールの大きさを併せ持つ、ブルーや金を基調とした知的で清爽な現代的表現は、将来の日本画の一方向を示し、気鋭の日本人画家の一人として期待される。

 極めて美しい風景を描くことにより、人間の性を暗示する『楽園シリーズ』を通じて、また芸術を通じて本当の自分を探求。最近は「森林」「砂漠」「フラットウォーター」「ウォーターフォール」シリーズなど、より禁欲的、暗示的方向に移行しつつある。

 今後も欧州など国際的な発表活動が計画されている。ニューヨーク在住。


絵画・美術品の売却をお考えなら、日本全国無料出張・高額買取のギャラリーホープへお任せ下さい。
まずは フリーダイヤル 0120-976-188 へお気軽にどうぞ