絵画買取のギャラリーホープ

 

小倉遊亀

おぐら ゆき

 

1895年 滋賀県に生まれる。
1913年 県立大津高等女学校卒業、奈良女子高等師範学校に入学。
選択科目として図画を履修。水木要太郎と横山常太郎に多くを学ぶ。
1920年 教職生活のかたわら制作活動を続け、安田靫彦に入門を許される。
1922年 日本美術院試作展に入選。
1926年 第13回院展に「胡瓜」が初入選。以後連続入選を果たす。
1932年 女性として初めて、日本美術院同人となる。
1951年 「小女」(東京国立近代美術館蔵)により、第8回毎日美術賞受賞。
1954年 「O夫人坐像」(東京国立近代美術館蔵)により、第4回上村松園賞受賞。
1955年 「裸婦」により芸術選奨文部大臣賞受賞。
1957年 「少女」により毎日美術賞受賞。
1962年 「母子」により日本芸術院賞を受賞。
1976年 日本芸術院会員となる。
1973年 勲三等瑞宝章受賞。
1975年 神奈川文化賞受賞。
1978年 文化功労者となる。
1979年 滋賀県文化賞受賞。
1980年 文化勲章受賞。
1990年 奥村土牛のあとを継ぎ、日本美術院理事長に就任。
1994年 白寿を記念し、天皇皇后両陛下から銀杯一組と皇居の梅を拝受。
1995年 鎌倉市名誉市民となる。朝日新聞社主催「百歳記念 小倉遊亀展」
1999年 パリのエトワール美術館で「小倉遊亀展」開催。
2000年 7月23日急性呼吸不全のため105歳で永眠。