絵画買取のギャラリーホープ

 

 

中島千波

なかじま ちなみ

 

昭和20年

10月21日、日本画家・中島清之の三男として疎開先の長野県上高井郡小布施村に生まれる。

昭和23年

神奈川県横浜市に家族と戻る。

昭和44年

東京芸術大学日本画科卒業。第54回院展初入選。第4回神奈川県展受賞。

昭和46年

東京芸術大学大学院修了。第1回山種美術館賞展出品。日本美術院院友推挙。

昭和52年

第32回春の院展奨励賞。第62回院展奨励賞。

昭和53年

第33回春の院展奨励貨。

昭和54年

第5回山種美術館賞展、優秀賞受賞。

昭和55年

第2回秀作美術展招待。

昭和56年

第3回秀作美術展招待。第6回山種美術館賞展招待。

昭和58年

昭和世代日本画展。

昭和60年

第1回日本画裸婦大賞展大賞受賞。

昭和62年

4月、NHK「今日の料理」の表紙絵を担当する。(3年間)

昭和63年

第73回院展奨励賞受賞。9月、朝日新聞朝刊 宮尾登美子作「きのね」の挿絵を担当する。

平成 元年

第44回春の院展奨励賞受賞。ユーロパリア’89ジャパン現代日本画展に出品。

平成 2年

横浜三渓園臨春閣の襖絵「不二と桃花図」「松林図」を完 成。第75回院展奨励賞受賞特待に推挙。

平成 3年

第46回春の院展奨励賞受賞。第76回院展奨励賞受賞。

平成 4年

長野県小布施町に「おふせミュージアム・中島千波館」がオープン。

平成 7年

中島千波展がパリ・三越エトアールにて開催される。