絵画買取のギャラリーホープ

 

 

ルイ・イカール

LOUIS ICART

 (1888-1950)

 

1888年

9月12日、銀行家ジャン・イカールと妻エリザベートの長男として、南仏トゥールズ市のトラヴェールエール・ド・ラ・バランス街に生まれる。
絵葉書の工房などで働きながら、絵画の修行を積む。シュール・シェレなどから影響を受ける。

1908年

雑誌「芸術批評」の表紙にHELLIの著名でイラストを描く。
この頃から画家になる事を考え始める。自分のデッサンをもって、クチュリエ(服飾店)をまわり、ヴァルモンで帽子、ドレスなどのデザインを手掛ける。

1912年

バルセロナのギャラリーで最初の個展を開く。

1913年

この頃から、イカールの作品が、アメリカなどに輸出され始める。

1914年

ファニー・ヴォルメールに出会う。以後、彼女はイカールのモデルを勤めるようになる。
エリゼ宮でのパリ・オペラ・バレー劇団による特別公演で衣装デザインを担当、注目される。

1921年

アメリカに販売網を持つフランスの版元・近代版画社から、製作依頼を受ける。

1922年

アメリカを訪れ、ワナメーカー百貨店での個展も成功をおさめる。

1927年

レジオン・ドヌール第5勲章を受ける。

1932年

ニューヨークのメトロポリタン画廊で、油彩の連作「白いヴィション」の展覧会開催。

1944年

パリ解放とともに、版画制作を開始する。

1950年

12月30日、モンマルトルの自宅で死去。イットヴィルの共同墓地に埋葬される。