絵画買取のギャラリーホープ

 

ミ ロ

Joan MIRO

 

1893年

スペイン、バルセロナに生まれる。
両親から譲り受けた近郊のモントロイドの農場に住む。

1912年

フランシスコ・ガリ美術学校に入学。

1924年

ブルトン、アラゴン、エリュアールらの詩人たちと知り合い、シュールレアリストの一員となり、シュールレアリスム運動に参加する。

1937年

パリ万国博覧会のスペイン館のために壁画を制作。

1941年

ニューヨーク近代美術館で回顧展開催。

1954年 

ヴェネツィア・ビエンナーレで国際版画大賞受賞。 

1959年 

ニューヨーク近代美術館、ロサンゼルス美術館で回顧展開催。ユネスコ本部の壁画に対し、グッケンハイム財団国際大賞受賞。 

1962年 

パリ市美術館で回顧展開催。

1966年

東京国立近代美術館、京都国立近代美術館で回顧展開催。

1976年 

バルセロナに『ジョアン・ミロ財団現代美術館研究所』開設。

1983年 

マリヨルカ島のパルマで死去。

 オートマティスムの手法により、幻想的な画風を通過し、オブジェやコラージュも手掛ける。第二次世界大戦中の連作『星座』にみられるように、『星』、『女』、『鳥』などの象形文字に似た形象を駆使して、子供のような無心さの横溢する画面をつくりだした。
 ミロの作品と生地カタロニアの風物とが深く密に結ばれていることはよく指摘されるところである。
 2度目の来日の際に、瀧口修造と詩画集を合作している。