絵画買取のギャラリーホープ

 

ジャン・ピエール・カシニョール

Jean Pierre Cassigneul

1935年

7月13日パリに生まれる。パリのジャンソン・ド・サイ高校を卒業。

1952年

パリのルシー・クロッグ画廊にて初の個展を開催。

1954年

シャルパンティエ・アカデミー校に入学。その後、パリ美術学校教授ジャン・スヴェルビィに師事

1955年

パリ美術学校入学試験に合格。シャプラン・ミディの教室に学ぶ。

1958年

パリ、ボザール画廊で個展。

1959年

サロン・ドートンヌ会員に推挙される。

1960年

パリのフラモン画廊でグループ展開催。兵役のためドイツとアルジェリアに1962年まで滞在。

1964年

パリのティヴェイ・フォコン画廊にて個展。日本の画商・為永清司と出会う。リディス出 版のノエル・シューマンを知り、ジョセフ・ケッセル著「不幸の塔」4巻に挿絵を描く。パリ、ベルシャッス画廊の主人シャルル。ザーベルに出会う。

1967年

初めてリトグラフ作品を作成する。

1969年

東京、三越百貨店にてリトグラフ展を開催。

1971年

1月、アメリカのパームビーチ及びニューヨークのウォーリー・フィンドレイ画廊にて個展。初めて日本を訪れ、3ヶ月滞在する。肖像画を何点か制作、黒柳徹子と知り合う。東京で個展がいくつか開かれる。東京、三越ギャラリーで大規模な個展を開催。

1973年

パーム・ビーチとニューヨークのウォリー・フィンドレイ画廊にて個展。娘アンヌ・シャルロットがパリで誕生する。東京、ギャルリーためながにて個展。版元アラン・マゾに出会う。ジャン・フランソワジョスランの文章が入った版画集「散歩」をマゾ出版から刊行。刷り師フェルナン・ムルロー、版画師シャルル・ソルリエと知り合う。

1975年

ヌイ・シュール・セーヌで息子ヴァンサンが誕生する。11月、ニューヨーク、フィンドレイ画廊にて個展。版元ド・フランコニー社のアンドレ・ド・フランコニー、ジェラール・ド・フランコニー兄弟と知り合う。

1978年

ビジョン・ヌーベルにてリトグラフ展が開かれる。6月〜7月、ニューヨーク、ウォリー・フィンドレイ画廊にて個展。第2回日本旅行。東京、三越ギャラリーにて大規模な 個展を開催。

1979年

友人フェリッツ・イスカンとともに3回目の日本旅行を行う。

1981年

第4回日本旅行。東京、三越百貨店にて個展。三越劇場のために油絵の大作を制作。黒柳 徹子の肖像を描く。

1983年

カシニョールの油彩画を収集した「カシニョール画集」がド・フランコニー社から出版さ れる。序文をジャン・フランソワ・ジョスランが、紹介文をシャルル・ソルリエが執筆。東京・ギャラリーミキモト、大阪・都画廊、名古屋・国際サロンで開催された出版記念展のために来日。東京、ギャラリー新宿高野でリトグラフ展を開催。

1984年

名古屋松坂屋にて、ラ・コレクション・フランセーズ社から刊行されたリトグラフ集「南 回り」出版記念開催。油彩画、素描など原画があわせて展示される。東京、ギャルリーた めながで開かれた油彩画展のために来日。スイス、バーゼル国際美術展に出品。

1987年

ニューヨーク、アート・エキスポにて個展。盛岡・川徳にて個展。(岩手日報社主催)。

1988年

講談社より画集「カシニョール」刊行(執筆/黒柳徹子、深田祐介)。東京資生堂ギャラ リーにて個展(油彩)。東京、ギャラリーアバンギャルドにて版画展。

1989年

3月、東京のプランタン銀座にて個展。4月、ニューヨークのアート・キスポに出品。アンドレ・ソーレ出版より版画のカタログレゾネが出版される。

1990年

朝日新聞社の主催により、大丸ミュージアム梅田、東京、福岡、京都で個展を開催。大阪 で緑と花の博覧会の公式ポスターを制作。

1992年

3月、東京のプランタン銀座での個展のために来日。9月、プランタン銀座にてドローイング展を開催。

1993年

講談社より画集「カシニョール 魅せられた夢」刊行(執筆/ジャック・ベルジェ)。この画集の出版を記念して、名古屋、上野、横浜、大阪の松坂屋各店で個展を開催。