絵画買取のギャラリーホープ

 

藤田嗣治

Foujita Tsuguharu

 

1886年

東京に生まれる。

1910年

東京美術学校西洋画科を卒業。

1913年

渡仏。ピカソやモディリアーニ、スーチンらと交友しつつ研鑚を重ねた。やがて乳白色の平滑なマチエールに面相筆による線描を生かした独自の技法を編み出す。

1919年 

サロン・ドートンヌに入選。会員に推挙される。

1921年

サロン・ドートンヌ審査員となる。

1923年

サロン・デ・チュイルリー会員となる。

1929年

一時帰国。

1930年 

再び渡仏。1933年までパリを中心に中南欧各地で制作。

1934年 

二科会会員となり、第21回二科展で特別陳列される。

1937年

秋田で大壁画『秋田の行事』(秋田市平野政吉美術館蔵)を完成。

1939年 

三度目の渡仏。

1941年 

帝国芸術院会員となる。

1943年

朝日文化賞受賞。
戦争画も描いたが、戦後は複雑な日本画壇と離別。

1949年

アメリカ経由でフランスに渡り定住。

1955年 

フランスに帰化。

1956年 

カトリックの洗礼を受けてレオナルド・フジタと改名。晩年はランスのノートル・ダーム=ド・ラ・ペ礼拝堂の設計、壁画制作に没頭。またガラス絵の制作に傾注した。

1957年 

レジオン・ドヌール勲章受章。

1959年

ベルギー王立アカデミー会員となる。

1968年 

チューリッヒで歿。

自己の技法に目出してからは、終始細い描線とわずかな色彩による極めて独特な絵を描き続けた。『室内、目覚まし時計のある静物』(1921年、パリ市近代美術館)他、代表作の多くは海外の美術館に収蔵。国内では秋田市平野政吉美術館に多く所蔵されている。