絵画買取のギャラリーホープ

ビュッフェ

Bernard BUFFET

(1928-1999)

1928年

7月10日パリに生まれる。
エコール・デ・ボザール(国立芸術大学)に学び、ナルボンヌに師事。

1947年 

この頃から、アンデパンダン展、サロン・ドートンヌ、サロン・ド・メなどに出品して注目を集める。

1948年 

若干20歳にしてクリティック賞を受賞し、新しい具象画の旗手として名実とともにスターとなる。

1952年 

この年以降、毎年2月にテーマを決めた新作個展を開催して、パリ画壇の不動の地位を確立。

1973年 

沼津市郊外に世界初のビュッフェ博物館開設。

1978年

油彩画による『フランス革命展』を制作。(モーリスガルニエ画廊、パリ)

1980年

岡野喜一郎氏の招きで来日。ベルナール・ビュッフェ美術館を訪れる。

1981年

妻であるアナベルの文章とビュッフェの文字による『日本旅行』の挿絵のために24点のリトグラフを制作。

1986年

<オランダ>展開催。(モーリスガルニエ画廊、パリ)
リトグラフ集『ヴェニスの眺望』制作。(モーリスガルニエ社)

1987年

9月に名古屋市愛知県美術館にて代表作約80点を集め展覧会開催。

1988年

2月に<相撲と歌舞伎>展、10月に近作展開催
(いずれもモーリスガルニエ画廊、パリ)

1991年 

 2月に<ニューヨークの眺望>展、10月に<ブルターニュ>展開催。
東京、大阪、およびソウルで展覧会開催。

1994年

2月に<オデュッセイア>展、10月に近作展開催。

1995年 

<七つの大罪>展開催。(モーリスガルニエ画廊、パリ)

1999年

10月5日死去。享年71歳。

作風は力強い描線と鋭いフォルム、遠近法を強調したコンポジションに乾いた詩情、沈黙と虚無感が漂う。白と黒の冷たい色調から現代の孤独を描く「悲惨派」の旗手とされた。
色調やテーマは様々に変化したが、常に独特の画風を展開し続けている。作品はパリ国立美術館をはじめ、世界各地の美術館に収蔵されている。親日派としても知られ、各地の神社仏閣を回って親交を深め、相撲観戦も楽しむなど、日本文化を積極的に取り入れた。
フランス学士院芸術アカデミー会員。